主婦も借りる事が出来るキャッシングはこれ!

主婦も借りれるキャッシング!今すぐ審査に通るコツ3つ!

主婦のキャッシングについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「専業主婦はお金を借りることなんかできない」

 

「キャッシングの申込はできても収入のない専業主婦なんか審査に通るはずがない」

 

なんて思っていませんか?

 

確かにほぼ全ての消費者金融では総量規制の関係もあり収入のない専業主婦は申込不可になっています。

 

銀行のカードローンでは審査は可能なものの収入のある配偶者の審査をしなければなりませんし、それでも配偶者に十分な与信がないと厳しい審査になると考えられます。

 

しかも旦那の会社に在籍の確認の電話も掛かったりしますので迷惑が掛かります。

 

第一、旦那にバレずに借りたいのに一発でばれてしまうという事態になります。しかし借入枠を小額に限定した銀行カードローンなら専業主婦でも申込めます。

 

収入証明書の提出の必要もありませんし、在籍確認もありませんので旦那にもバレずにキャッシングできるのです。

 

「時間が遅くなっても自動契約機で即日カード発行できる消費者金融に申込みたい」

 

「今回のみなので無利息サービスがある消費者金融で申込んで利息を少なくしたい」

 

という、主婦の方でもパート等で安定収入があればその収入で消費者金融に申込が可能になります。

 

 

消費者金融のメリット「主婦でもしっかり審査してくれる」

もちろん消費者金融のメリットである主婦でもしっかり審査してくれる審査能力があります。

 

即日振込みの可能時間が平日14:00までに契約完了と長いのが特徴です。

 

契約完了すれば最寄の自動契約機(全国に多数設置)で即日カード発行ができます。

 

無利息サービスがあり、早めに完済すれば銀行カードローンよりも利息が低くなります。

 

専業主婦とは、通常の場合パートやアルバイトといった仕事をしておらず個人的に収入を得ていない人をいいます。

 

収入がない状態でお金を借りることができるのでしょうか?

 

基本的にはお金を借りるためには収入を得ているということが前提となり、その収入源の確認の為に在籍確認があるのです。

 

ただしそれは消費者金融を利用してお金を借りる場合です。

 

アコムやプロミスといった消費者金融業者はスピーディーな審査と利便性の高さが大きなメリットとなっています。

 

こうしたところからお金を借りるためには個人的に収入を得ていないと利用ができません。

 

仕事をしていない専業主婦の場合は総量規制により消費者金融からお金を借りることができないのです。

 

 

専業主婦の人がお金を借りるにはどうすれば良いの

では専業主婦の人がお金を借りるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

方法としては消費者金融ではなく銀行のカードローンを利用するといった方法になります。

 

専業主婦の人が銀行のカードローンを利用してお金を借りる場合の要件となるのが配偶者の収入です。

 

消費者金融では申し込んできた人本人の状況を確認して融資可能かどうかを判断する(総量規制によりそうせざるを得ない)のに対し、銀行では本人に加えて配偶者の人の状況も含めて融資可能かどうかを確認しています。

 

つまり、自身が仕事をしていない専業主婦であっても配偶者に安定収入があればその人の収入をもとに銀行でお金を借りることができるのです。

 

もちろん、お金を借りるにあたって配偶者の人が審査対象となります。

 

その人の経歴などに問題があればもちろん融資が受けられない可能性は十分にあります。

 

また、もうひとつの注意点としては、銀行でお金を借りることができたとしてもそれほど多くの金額を借りることはできないという点です。

 

これについてはもともと個人的な収入を得ているわけではないのであまりたくさんのお金を借りるとなると返済が大変になります。

 

その意味では逆に借りすぎない方が良いかもしれません。

 

なお、利用の前には念のため配偶者の人に相談して同意を得ておくと手続きがスムーズに進みます。

 

専業主婦がカードローンの利用を考える場合、消費者金融のキャッシングカードを利用することはできません。

 

このキャッシングというのは、基本的に総量規制の対象となっており、収入を持っている方にしか貸し出しが出来ないのです。

 

そのため専業主婦がカードローンの利用を考えていくなら、銀行カードローンを利用することになります。

 

 

ネットから申込むのが現代流

まずネットから申込むのが現代流です。

 

ネットから申し込みをするのですが、申込みをするページに気をつけてください。

 

会社によっては別のページから申し込みをしないと、専業主婦の方が申込めないようになっています。

 

(楽天銀行カードローンなど)

 

次に審査を受けることです。

 

後は、普通の方と同じような形で審査を行っていくのですが、専業主婦の場合は専業主婦カードローン以外は旦那の収入証明と旦那の会社に在籍確認としてどこかに連絡を入れる場合がありますので内緒でと言う方はカードローン選びに注意してください。

 

専業主婦カードローンなら小額借入枠なので確認事項も少ないのが特徴です。

 

専業主婦カードローンなら、専業主婦は働いていないのですから電話連絡で確認さえしておけば、後は何も確認する場所が無くなります。

 

そのため電話連絡は1回だけとなります。

 

旦那の会社に連絡が入ってしまう等のことは一切ありません。

 

カードの種類によってはカード郵送なしの場合もあります。

 

こうして色々な確認が終わった段階でカードの発行手続きを行い、後日郵送で送られてきます。

 

キャッシュカードがローンカードになる場合は口座を持っていれば郵送はありません。

専業主婦の場合は利用限度額の制限が加えられるだけでなく、適応される金利も一番高いものになってしまいます。

 

通常のカードでも最初は最高金利が適用される事がほとんどです。

 

 

審査内容によっては時間がかかることも

また、審査内容によっては時間がかかることもあります。

 

早めに申込みをしていかないと、希望する日程に間に合わないこともあります。

 

内容自体はあまり変わりませんが、電話連絡の確認が減っていることは覚えておくといいです。

 

専業主婦は消費者金融からお金を借りられないと先に書きましたが、プロミスのレディースキャッシングなら専業主婦でも借り入れが可能です。

 

プロミスレディースはなんといっても専業主婦や学生、水商売や主婦・パート・アルバイトなどの女性専用なのがうれしいところです。

 

専業主婦や学生、水商売の人だって安心してプロミスで借りることができます。

 

最近は、おまとめローンを始め、ローンの一本化や借り換えを考える人が多くいます。

 

多くは、借入先が複数に及んでいて返済の管理が面倒である、利用中の金融機関は高金利で厳しいなどの理由から借り換えを考えているのです。

 

そして、そういう人は、銀行のカードローンで借り換えをしています。

 

中でも、魅力的なサービスを多く展開する大手銀行は、とても人気があります。

 

一方で、ネット銀行も、カードローンの返済に手間が掛からない事を売りに人気を得ています。

 

どちらにしてもメリットがあるため、借り換える人には人気があります。

 

特に銀行のカードローンが人気になっている理由は総量規制の対象外と言う事と金利が低いと言う事からです。

 

この事からも、借り換えには適していると判断できます。

 

 

銀行のカードローンが全て借り換えに対応している訳ではありません。

ですが、銀行のカードローンが全て借り換えに対応している訳ではありません。

 

中には、金融機関からの借入を返済するためには利用できない商品もあるため、注意が必要です。

 

それでも、利用している高金利のローンを銀行で借り換えるだけで、金利差の分だけ返済の負担を軽減できると考えられます。

 

つまり、検討する価値はあると言えるのです。

 

また、借入を1つにする事ができれば、月に何度も返済せずに済むようになります。

 

そうなれば、何度も利息を払う事もなくなり、低金利になる事で返済の総額を減らす事に繋がります。

 

しかも、月に一度の返済も安くなると考えられます。

 

月に何度も準備していた返済金も、一度だけ準備すれば良くなるため、返済計画を立てやすくなると思います。

 

この点からも、プロミスレディースで借入を一本化する事がお勧めと言えるのです。

 

返済については、銀行系カードローンの場合、全国各所にある提携先のATMで返済できる事もあります。

 

ですが、銀行のカードローンの場合は、自動引き落としが返済に利用される事が普通です。

 

ですから、口座に入金しておけば済むので、とても簡単に返済できるのです。

 

専業主婦や学生、水商売や主婦・パート・アルバイトなどでも安心してプロミスで借りることができますから、ぜひご利用くださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ